Japan Law Express

企業法務関連情報を中心とした法律ブログ

新司法試験

法科大学院別・司法試験・累積合格率ランキング

このブログの定番コンテンツであるロールクール別・司法試験・累積合格率の平成25年版から一部コンテンツを抜き出して,ちょっとしたコメントを付してみようと思います。

累積合格率本体と累積合格率の概念,注意事項は以下のリンクの本体の記事をご覧ください。

JAPAN LAW EXPRESS: 司法試験・ロースクール別・累積合格率(平成25年版)

 

今回取り上げるのは,累積合格率ごとに法科大学院を並べたランキングです。

法科大学院制度の創設以来,全累積受験者の合格率を法科大学院ごとに算出して高い順に並べたものです。

rank2

法科大学院ごとに学生数が異なりますので,合格者数だけみても実績がよくわからなくなってしまっているために,累積合格率で見ることが有効なのではないかと考えております。

そのような観点からみますと,一橋大は,まさに少数精鋭で大変な実力を有していることが改めて判明しました。

特に未修者の合格率が非常に高いところが特徴的です。未修者が顕著に検討しているという点では千葉大もかなりの実力といえると思います。

東大は,東大法学部からの進学が多くなっている既修者では顕著な実績を上げていますが,未修者の実績が,一橋大などからは一歩後れを取っているために,合計すると日本一の合格率とはなっていないことが判明します。

しかし,大規模ロースクールとしてみると,中央大など旧司法試験時代からの伝統校を一回り上回る実績を上げており,かなりきめ細やかな教育とまでは行かない環境であってもそれなりの結果ではないかと思うところです。

いわゆる上位ローといわれる学校の累積合格率では,新司法試験導入時の掛け声である7割から8割合格するということは達成されているのであり,毎年の受験者者数に対する合格率の厳しい数字とはまた違った様子が見えてくる感じがします。

司法試験・ロースクール別・累積合格率(平成25年版)

このブログで恒例で取り上げている司法試験のロースクール別の累積合格率の平成24年度版を公開します。

初めての方に改めてご説明しますと,この累積合格率のデータは,修了後5年以内3回までという受験制限のもとで,どれだけの受験生が合格することができたかを調査するものです。

また,このデータは,各年度の試験の動向を一枚の表で把握することができるために,司法試験の動向を把握することにも長けているという特徴があるものです。

注意事項がございますので,1ページ目の記述をよくお読みくださいますようお願いいたします。

本年度の変更点です。

累積合格率順に並べた法科大学院ランキングを作成してみました。

既修,未修,総計の3種類のランキングを掲載しております。既修では既修者がものすごく少ない法科大学院も上位に来てしまった例もありますので,人数も表記しております。

予備試験合格者について,累積受験者がわかる形でのデータ公表がされなかったため,法科大学院の累積合格率と同じ形でのデータ作成が不可能になりました。そこで,簡単なデータ掲出にとどめることに方針を改めました。

作業が年々大変になり,公開まで時間を要するようになり,加えてチェックも大変莫大になりました。

これでもなおミスがある可能性がありますが,発見された場合にはお知らせください。

司法試験・ロースクール別・累積合格率(平成24年版)

このブログで恒例で取り上げている司法試験のロースクール別の累積合格率の平成24年度版を公開します。

※福岡大学ロースクールおよび法政大学ロースクールの頁が抜けていたのを修正いたしました(平成24年9月19日修正)。

総合計の累積受験者数において平成17年度修了者の累積受験者数を合算していなかった誤りを修正しました。
本資料作成の元となった法務省公表データの出典及びリンクを掲載しました。(平成24年9月22日修正)

初めての方に改めてご説明しますと,この累積合格率のデータは,修了後5年以内3回までという受験制限のもとで,どれだけの受験生が合格することができたかを調査するものです。

また,このデータは,各年度の試験の動向を一枚の表で把握することができるために,新司法試験の動向を把握することにも長けているという特徴があるものです。

注意事項がございますので,1ページ目の記述をよくお読みくださいますようお願いいたします。

 

本年度の変更点です。

これまではロースクールの修了年度ごとに,既修未修の区別なく,累積合格率をまとめて算出していましたが,今回から,既修・未修を分けました。これによって,ロースクールごとの動向がより詳細にわかるようになりました。未修者の合格率が健闘しているロースクールや,既修者の合格率が顕著であるロースクールなどが一目瞭然になります。

予備試験合格者という新たな受験層の誕生に合わせて,予備試験合格者の項目も設けました。累積合格率を,予備試験の合格者総数で割るか,受験者で割るかは悩みましたが,受験者で割ることで算出しました。なお,予備試験合格者のページも,ロースクールのページと共通にしているため,未修者の欄に人数を入力しております。ご了承ください。

 

既修・未修とで分けたために,ページ数が莫大に増えてしまいました。なにとぞご了承ください。

新司法試験自習用解答用紙(平成22年度試験以降仕様)

このブログでは,従来から自習用の新司法試験の解答用紙を公開してきました。

これは法務省ウェブサイトで公開されている制式の解答用紙の黒色部分を除去したもの(文字部分も再入力してあります)です。

この自習用解答用紙のラインナップに,ご要望にお応えして問題番号部分を空欄にして,自分で書き込めるものを追加しました。

従来からの問題番号が入っているものと併せて公開します。

 

 

 

黒色部分を白色にした方が利用が多いので,このページには白色版だけ掲載しますが,従来からの灰色のものは以下のページからどうぞ。

JAPAN LAW EXPRESS: 新司法試験自習用解答用紙(平成22年度試験仕様)

新司法試験・ロースクール別・修了年度別・累積合格率(平成23年度版)

9月8日の平成23年度新司法試験合格発表に基づき,ロースクール別の累積合格率を更新しました。

 

初めての方に改めてご説明しますと,この累積合格率のデータは,修了後5年以内3回までという受験制限のもとで,どれだけの受験生が合格することができたかを調査するものです。

また,このデータは,各年度の試験の動向を一枚の表で把握することができるために,新司法試験の動向を把握することにも長けているという特徴があるものです。

分析の仕方は人それぞれだと思いますが,客観的な数値をわかりやすく提供するという点にも意義があると思い作成しているものです。

 

毎年のことですが,注意点がございます。ファイルの1ページ目をよくお読みになってご利用いただきますようお願いいたします。

 

 

なお,これまで受け控えをしていた修了生が,本年度試験で初受験をした人数は,延べ任数の受験者には含まれておりません。

例年,この分もカウントしたデータが後日法務省から公表されますので,これを反省させた修正版を後日作成予定です。

そのため,実態よりもやや高めに累積合格率が算出されていることになります。暫定的なものとしてご理解いただけますようお願いいたします。

記事検索
最新記事
とある東京の弁護士兼社会保険労務士が法律情報をお送りします。
QRコード
QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ