Japan Law Express

企業法務関連情報を中心とした法律ブログ

法律書紹介

新刊法律書

購入したい,あるいは読んでみたいと思った法律書のリストです。

山口厚「経済刑法」他

近刊の法律書のうち,購入しようと思ったものを備忘録的に取り上げます。

経済刑法は東大法学部で昔からある講座で,今はロースクールの科目の一つとなって存続しています。

昔は芝原名誉教授の著作と判例教材で講義がされていたのですが,山口教授と橋爪先生・山口先生のお弟子さんたちがお書きになられたということで,これを使用する向きもあるのでしょう。

 

会社法改正については,商事法務に岩原教授がお書きになられているので,まずはそれを読むのが基本ということだと思いますが,こちらも手元にはおいておくだろうと思います。

 

実務的にはあまり使う場面がない東大法学部ではかつで行政法第3部といっていた分野の概説書です。司法試験の短答では出題されるので,完璧に点数をとりたい場合にはやってもいいかもしれませんが,完全にオーバースペックなので,もっと簡単なものにするべきでしょう。しかし,一度読んでおくと,行政の仕組みが頭に入って,それなりに役に立つ場面があります。

 

こちらは,山本教授が法学教室で連載されていたものの単行本化です。この連載,とても難しくて,読みこなすと非常に力が付くと思います。もっとも,実務で純粋な意味での行政法にかかわることがあまりないので,知識というレベルにしかなっていないのが残念です。

伊藤眞「会社更生法」

伊藤教授の倒産関係著作がいよいよ完結しました。

以前からあった有名な教科書である破産法が,民事再生法部分を増補してとんでもない厚さになりましたが,この中で会社更生法もいずれ書くとのことが示されていました。

これを受けて,さらに分厚くなるのかなあと思っていの多ですが,さすがにそんなことはなかったようで,単著となった模様です。

破産か民事再生かということが多いのが現実だと思われますが,会社更生法についての体系書の意義は大きいと思われます。

ジュリスト12月号

ジュリスト12月号で労働契約法改正の特集が組まれているとのことです。

ジュリストのことですから,理論的な点からの重厚な論考が多いのだと思いますが,実務の土台として読んでおきたいと思います。

高橋宏志「重点講義民事訴訟法 下 第2版」 菅野和夫「労働法 第10版」他

基本書,概説書に新版が出版されたか,近日出版予定です。

購入の備忘録もかねて取り上げておきます。

 

近時の法改正を反映した新版とされています。学生から実務家まで幅広い読者に有益でしょう。

こちらは実務家の著作でよく参照されているシリーズの一つです。

こちらも法改正を反映したものであるようです。

記事検索
最新記事
とある東京の弁護士兼社会保険労務士が法律情報をお送りします。
QRコード
QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ