民法改正が徐々に佳境に入ってきつつあるところ,内田教授がまた直に書籍をお書きになられたようです。

著作権法のコンメンタールというと加戸前愛媛県知事の伝統的なものがありますが,この本も著作権法の著名な実務家の著作であること,出版元も最近注目作を相次いで出版していることと合わせて考えると,期待されるものに思えます。

登記実務は弁護士業務でも知っておくと非常に有用な知識であることが日々痛感するところです。

別冊ジュリストの新しいシリーズとのことです。

荒木先生の著作の第二版が出版されました。